診療科案内

循環器内科

血小板血漿(Platelet-Rich Plasma療法)による治療とは
自己治癒力(自分で自分を治す力)をサポートする治療法として欧州や米国では頻繁に
行われている治療法です。自己血を採血し、その血液を遠心分離機で遠心分離させることで
血液から血小板が多く含まれる部分のみを抽出し、自己PRPを作ります。
これを自分の身体の傷んだ部分に注射することにで、その部分の組織の修復が促進され
早期治療や疼痛軽減の効果が得られます。
当院では、日本再生医療学会の再生医療認定医師が診察から治療まで対応させて頂きます。

PRP治療の流れ

呼出方法

膝の痛みに対する多血小板血漿(PRP)治療とは(第2種)

変形性関節症では変形の進行で軟骨がすり減ったり、半月板が傷んだり、
炎症が起きて膝に、水がたまったりします。この療法では、この様な
症状の組織の修復を促したり、関節の炎症を抑えたりする効果が期待
できます。しかしながら、完全に軟骨がなくなり骨が露出した状態では
効果はないと考えられます。

PRP治療は、ご自分の血液を使うため副作用の少ない治療です。
保存加療の選択肢の1つとして、特に既存の治療法での反応が少ない方には
お勧めします。

当院の感染症対策は、採血からPRP作成、APS吸引、注射においては
クリ-ン度の高い手術室を利用して、標準予防策を遵守の上、細心の
注意を払って対応しております。

スポーツ外傷・障害に対する多血小板血漿(PRP)治療とは (第3種)

 
 

靭帯損傷、肉離れ、腱炎などに対しての治療は効果的です。
本来治るべき組織が治りにくい状態になっている部位に血小板注射する
ことで、自己治癒能力を刺激・活性化してけがを治す環境を再獲得する
ことを期待しています。国内でもこれまでに、プロスポーツ選手から
スポーツ愛好家まで幅広い対象の方に、この治療法が行われています。

他医療機関で手術加療を勧めれたが決心がつかず、別の選択肢として
この治療を希望される方が多くおられます。
PRP治療は、ご自分の血液を使うため副作用の少ない治療です。
保存加療の選択肢の1つとして、特に既存の治療法での反応が少ない方
にはお勧めします。
当院の感染症対策は、採血からPRP作成、注射においては、
クリ-ン度の高い手術室を利用して、標準予防策を遵守の上、細心の
注意を払って対応しております。

 
 
 
 

PRP治療をご希望の方は
お電話で当院の専門外来をご予約してください。受診の時に詳しい治療方法や費用等を
ご説明させて頂きます。ご不明な点や、ご理解できない内容等があれば医師にご相談を
してください。

 
 

PAGETOP

Copyright (C) Kashiba Asahigaoka Hospital, All rights reserved.